ACL Analytics 14 リリース ノート

リリースのハイライト

  • データのパターンの機械学習と自動認識の導入
  • ACL アナリティクスをスケジュールおよび実行するための新しいクラウドベースのオプションであるロボットにアナリティクス スクリプトをアップロードする機能
  • ACL で統合されたデータ アクセス ウィンドウを使用して、SAP データをインポートするための新しい簡単な方法
  • 複数の新しい ACL データ コネクター
  • 数値フィールドの統計異常値を特定するための新しい異常値機能
  • ほぼ同一または曖昧な値でテーブルを結合するための新しい曖昧結合機能
  • アプリケーション セキュリティが厳しい要件を満たすことを保証する ACL の更新されたサードパーティ コンポーネント
  • 複数の Excel ファイルとファイルおよびワークシート名のワイルドカードをサポートする強化された Excel インポート

ソフトウェアのリリース 2018 年 <<月>>

新規

  • 機械学習機械学習機能では、ACL を使用して、探しているパターンに関する明示的な指示を行わずに、データのパターンを認識することができます。 適応型機械学習アルゴリズムは、データのグループ化または分類、あるいは数値の予測が可能であり、従来のルールに基づくアプローチを超えた重要な分析機能を追加します。 << まだヘルプ トピックはありません >>
  • ロボット ACL で作成されるアナリティクス スクリプトを、ACL アナリティクスをスケジュールおよび分析するための新しい使いやすいクラウドベースのオプションであるロボットにアップロードすることができます。  詳細を表示 >
  • SAP データ コネクター ACL の統合されたデータ アクセス ウィンドウには、SAP データ コネクターが含まれ、SAP システムに接続し、データをインポートするための簡単な方法を提供します。 SQL タイプのクエリは、Direct Link の比較可能なクエリよりも、編集が簡単です。 << まだヘルプ トピックはありません >>
  • 新しい ACL データ コネクター新しく追加された ACL データ コネクターを使用して、これらの外部データ ソースに接続できます。
    • JIRA
    • JSON
    • LDAP
    • Marketo
    • Open Exchange Rates
  • 異常値 新しい異常値機能(OUTLIERS コマンド)は、ACL テーブルの指定された数値フィールドで、統計異常値を特定します。

    グループ別、またはテーブル全体で異常値を特定するオプションがあります。

    • ACL ユーザー インターフェイスを使用して異常値を特定する  詳細を表示 >
    • OUTLIERS コマンド  詳細 >
  • 曖昧結合 ほぼ同一のキー フィールド値で、2 つのテーブルを結合できます。 ダイス係数またはレーベンシュタイン距離の 2 つの曖昧一致アルゴリズムを選択できます。 ACL での既存の結合で、一致となるには、キー フィールドが完全に同一である必要があります。
    • ACL ユーザー インターフェイスを使用して曖昧結合を実行する  詳細を表示 >
    • FUZZYJOIN コマンド  詳細 >
  • インポートの再試行 新しい構成オプションの[インポートの再試行]では、特定のタイプのデータソースからの失敗したインポートを再試行することを指定し、試行の繰り返し数を指定できます。  詳細を表示 >

強化された機能

  • セキュリティ アップグレードACL には、アプリケーション全体のセキュリティを向上させるために、アプリケーションと共にインストールされるいくつかのコンポーネントの更新版が含まれています。 これらの変更は最初にバージョン 13.1 で導入されました。 詳細については、ACL Analytics 13.1 リリース ノートを参照してください。
  • Excel インポート 複数の Excel ファイルから同時に Excel ワークシートをインポートできます。

    この最新の機能強化は、バージョン 13.0 で導入された、単一の Excel ファイルから服すうの Excel ワークシートを同時にインポートする機能に基づいて導入されています。  詳細を表示 >

  • IMPORT MULTIEXCEL 新しい IMPORT MULTIEXCEL コマンドでは、単一のコマンドを使用して、複数の Excel ワークシートのインポートをスクリプト化できます。 ファイルまたはワークシート名でワイルドカード文字(*)を使用して、複数のワークシートを参照できます。  詳細表示 >
  • [結合]ダイアログボックスの改善 [結合]ダイアログボックスが再設計されました。フィールドと各結合タイプのアイコンがより論理的に配置されました。 新しいデザインでは、正しい結合タイプの選択がより簡単に、より直感的になりました。  詳細を表示 >
  • 最後に追加の調整の改善 最後に追加コマンドの 2 つの新しいオプションは、文字データ型の共通フィールドの調整、または文字データとしてのすべてのフィールドのインポートをサポートします。
  • DDW のサイズ変更 データを定義し、ACL にインポートするために使用されるデータ定義ウィザードのサイズを変更したり、最大化したりすることができます。

    データのプレビューまたは操作で全画面を使用する機能により、Excel、区切り文字付きテキスト、PDF などのファイルのインポートがさらに使いやすくなりました。

  • 新しいフィールドの自動追加 新しく作成された物理または演算フィールドは、任意で、自動的にテーブル ビューに追加することができます。 [テーブル レイアウト]ダイアログボックスで、[作成されたフィールドを現在のビューに追加]オプションを使用できます。
  • インポートされたデータのハッシュ化 フィールド単位でハッシュ化することで、データ アクセス ウィンドウを使用してインポートされた機密データを保護できます。 << 詳細 >>

修正済み

  • ACL 14.0 は次のお客様から寄せられた不具合を修正します。
  • スクロール 大きいテーブルのビューでのスクロールの応答性が改善されました。

(C) ACL Services Ltd. All Rights Reserved. 2018年12月3日